大正区薬剤師会

皆様が病院や診療所から「処方せん」をもらったらどうしていますか?
お薬を扱っているお店は「薬局」「薬店」「ドラッグストア」などがあります。
その中で「処方せん」のお薬を扱うのは「薬局」です。
「処方せん受付」「保険薬局」「基準薬局」などの表示があれば「薬局」で、必ず薬剤師がいます。
お住まい、職場の近くに「あなたのかかりつけ薬局」を決めて、お薬をもらって下さい。
「かかりつけ薬局」では、あなたの服用薬を記録した「薬歴簿」を作っています。病院・医院・歯医者さんなどから処方された薬、また薬局で購入した薬の飲み合わせのチェック、アレルギーの心配についても相談、助言が受けられます。

処方せんをもらったら、保険薬局でつくってもらいましょう。
「おくすり手帳」は無料でもらえます。

おくすり手帳とは おくすり手帳はあなたに処方されたおくすりの名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。
 この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなおくすりをどのくらいの期間使っているのかが判断できます。
また、他の病院や医院などでおくすりをもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師におくすり手帳をみせることで、同じおくすりが重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえます。

おくすり手帳の利用方法◎病院や医院、歯科医院、薬局に行った時には、毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出してください。
◎薬局で市販のおくすりを買った場合にも、記録してください。
◎病院や薬局でおくすりの名前等を書いた説明書を渡された場合は、そのまま貼ってください。
◎おくすりについて、わからないこと、困ったこと等があるときには、空欄に記録しておきましょう。
◎あなたがらもらったおくすりの記録(薬歴)になりますので、大切に保管してください。

大阪府下の保険薬局の営業日・営業時間・地図などが検索できます。